読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんがくのこと

おんがくのことについてつらつら書きます。

ONIGAWARA


ONIGAWARA 『シャッターチャンス’93』MUSIC VIDEO

 

80〜90年代のJ-POPを思わせるようなサウンド。

MVたくさんあります→ ONIGAWARA OFFICIAL WEBSITE

この曲好きだ〜斜め45度自撮りマジック〜

 

竹内電気の二人によるユニットなのだけれど、

爽やかさは残りつつ、さらにポップになってとても聞いてて楽しい!

アイドルじゃないしバンドでもない(『ポップミュージックは僕のもの』で言ってる)けど、

でもアイドルになりたいらしい。笑

 

rollingstonejapan.com

 

ライブに行くと女の人も男の人も踊ってる。

2人のキャラクターも最高なので、その場にいるだけで楽しい。

個人的に音楽と関係ないところで、ドットの蝶ネクタイが可愛くて好き。

 


竹内電気-sexy sexy

 

ちなみにこのギターの2人がONIGAWARAのメンバーです。

斉藤さんこんなに髪の毛長かったのね、、笑

よしむらひらく


“はづきたち” よしむらひらく MV

 

派手なわけでもなく、変なことをしているわけでもない。

それでも引き寄せられる力がある。

シンプルな中から歌詞がよく聞こえて、「あ、今音楽聞いてるな」って思う。

優しくて、力強くて、手を伸ばしたくなる。

 


よしむらひらく 1st Single「春」 PV

 

初めて聞いたのはあるライブハウスのBGM。

すごく気になってスタッフさんに尋ねた。

多分この「春」という曲だったと思う。

胸がときめく出会いとはこういうことを言うのだろう。

 

つい先日新しいアルバムが発売したばかりなので、早く聞きたい、、

toitoitoi


【MV】ぬめり / toitoitoi (トイトイトイ)

 

女性ボーカルとギターの2ピースユニット。

憧れのアーティストは、ゆず、ではなくて、ドリカム、でもなくて、B'z。

 

出会いは5年も前に遡る。

まだライブハウスという場所に出会ったばかりで、アーティストも全く知らなかった頃。

学校生活に疲れて、刺激を求めてライブハウスにやってきた。

弾き語り中心の個人名が多く並ぶブッキングを選び、出演者は誰も知らなかった。

そこでひと際目と耳を惹いたのがtoitoitoiだった。

 


toitoitoi キスキスバンバン

 

圧倒的なパフォーマンス。

会場を縦横無尽駆け回るボーカル。全精神が込められるギター。

ステージには2人しかいないのに、そのパワーは会場全体を包んだ。

(ちなみにそれは場所を選ばず、ある日の小さなカフェでも全力で走り回っていた。)

この曲初めての日にもうたってたなあ。

 

あれから5年たった今でも、いつ見てもライブ後の多幸感・満足感・充実感は最高を更新し続ける。