読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんがくのこと

おんがくのことについてつらつら書きます。

Moskitoo


moskitoo "Fragments Of Journey" Music Video

 

サウンド+グラフィックデザイナー、ヴォーカリスト。(HPより引用)

雪国や宇宙や花畑がイメージできるような柔らかで不思議なサウンド。

楽器や声だけでなく、電子音も聞こえて、ここではないどこかにいるみたい。

 

experimental rooms ←インタビュー記事

インスピレーションを受ける音楽が多いからこんな音楽性になるのだろうか。

サイケとかフレンチポップとかボサノヴァとか、なんとなく分かるような、、

 


Moskitoo Live at Super Deluxe,Tokyo 11 Oct 2012

 

ライブ風景はこんな感じ。

とてもひとりで奏でられている音楽とは思えないが、どうもひとりみたいだ。

いろんな楽器を操って、彼女だけの世界を作っているよう。

他を寄せ付けない感ある。

 

ちなみに、FilFlaというバンドや他多数のアーティストのサポートなども務めているそう。

その他にもCMや舞台などでも活躍中とのこと。

最近で言うとキューピーのサラダクラブのCMとか花王8×4とか。めちゃ大手ブランド。

 

気づいてないだけでなんとなく彼女の声に触れていたんだな、、

ライブも見てみたい。終わった後何も言えなさそう。

 


Moskitoo - Wham & Whammy

長谷川健一


長谷川健一「誰がため」Official Music Video

 

京都が誇るシンガーソングライター、長谷川健一

ハセケン」の愛称で多くの人に愛されている。

 

美しいメロディとそっと寄り添う歌詞とあたたかい歌声。

 

www.cinra.net

 


KUDANZと長谷川健一と次松大助「最後の江ノ島」MV

 

この曲はKUDANZササキ氏に楽曲提供をした曲です。

作詞はササキ氏がしているそうなのですが、彼が病気で東京から故郷仙台に帰る時に

奥さんとよく行った江ノ島を想って書いた曲だという。

 

メロディが本当に美しくて、この江ノ島の映像にとてもよく合っている。

サビの始まりの音の上がり方が、もうジーンときてしまいます、、

 


長谷川健一 - 海のうた

 

京都の左京区にある恵文社で定期的にアンプラグドのライブをしたり

(DVDになったそう)(来月東京でもアンプラグドライブするみたいですね)、

いろんな企画ライブにも呼ばれていたり、彼の歌はたくさんの支持を集めている。

 

ライブで聞くとまたいっそう沁みるんだ、、

uguis


uguis 「憧憬と箱庭」MV

 

自らを「ハイパーテクニカルポッコ°バンド」と呼ぶ東京のバンド。

昨年末、RO69JACKで優勝し、幕張メッセのステージに立っていました。

(ちなみに私も行ったのだけど、不意の事故?で間に合わずでしたが、、)

 

rojack.jp

 


uguis『COUNTDOWN JAPAN 16/17』12月31日 MOON STAGE出演

  

インストバンドみたいなドラムだなあと思っていたら、

前回書いた「その隙間から」のドラマーがこちらでも叩いているそう。

 

それぞれの楽器も主張が激しくて、ほんとインストバンドみたいだ、、

ここにきれいな声のボーカルが入るのがおもしろいし、なぜかしっくりくる。

 

精力的にライブ活動を行っている(しかもHPでは全ライブに律儀にコメントまでつけてる)

みたいなので一度見てみたいなあ。

年末の無念も晴らしたい、、

 


uguis 「24時間の幸福 」(Music Video)